[ Content | Sidebar ]

ギャラリー会 吉祥寺・井の頭公園前に佇む蔵画廊

「リース展」Fall 2016

2016年 12月 8日

img_5234

11月25日から27日までGALLERY KAIは国内外で活躍中の3人のフラワーアーティスト のりえさん、橋本恵美さん、畠山秀樹さんによる素敵なリースでいっぱいの特別な空間になりました。

3名それぞれの個性が上手く融合し短い期間にも関わらず多くの方にご覧いただくことができました。

img_5454

初日は畠山秀樹さんによる生花のアレンジからスタート。

期間中はテーブルデコレーションリース、そしてオリーブの鉢のデコパージュの二つのレッスンを開催しました。 ギャラリー内で本格的なレッスンをするのは初めてでしたが皆さんからまたぜひやりたい、という嬉しいお言葉も。

img_5542

 

今回は作家さんが在廊してくださったこともあり作品のほとんどがお嫁入り。 のりえさんの作品は完売!

img_5541

最終日の最後は畠山さんが初日の生花のアレンジを違う器に再アレンジしてくださって終了。

img_5456

3人の素敵なフローリストとお客様ととても良い時間を過ごさせていただきました。

img_5472

 

企画段階では売れなかったら作家さん達に申し訳ない・・・と初めてのリース展の試みに心配しながらのスタートでしたが 本当に素敵なものはお客様にも伝わるのだ、と実感した3日間。 また次回を楽しみにしていただけるようなリース展の企画を続けたいと考えています。  いらしていただいたお客様、協力してくださったフローリストの3人に心からありがとう!

11月の展示

2016年 11月 16日

fullsizerender-9
気づいたら一カ月以上、ブログがそのままになっていました・・・
(ついつい投稿が簡単なFacebookが中心になってしまっていました)

いろいろとあった10月。二つの展示は無事に終えることができましたがその裏ではショックなことも起こったり楽ではない一カ月でした。
そんな中、11月にチャリティーリースの企画展示を準備していましたが一時は延期しようか、と悩んでいたところ 友人でもあり参加予定のフラワーアーティスト達がいろいろと協力を申し出てくれて 企画内容を少し変えた形ですがすすめることができました。本格的なチャリティーリース展は近い将来に、ということにして今回はアットホームな展示にしようと・・・・
期間中は参加アーティストによるスペシャルなレッスンもいたします。

アーティストの紹介やレッスンの詳細はこちら↓

普段は国内外での様々な会場やコンクール等で大型装飾やデモンストレーションなども手掛ける実力派のフラワーアーティスト3人が11月25日から27日までGALLERY KAIをリースで飾ってくれます。
ギャラリーにいらしてくださるお客さまにもありがとう、の気持ちを込めてゆったりとした時間を過ごしていただけたら、と思っています。
あたたかなドリンクやお菓子をご用意してリースでお迎えする、そんな展示にしたいと思います。

沢山の方にご覧いただけますように・・・・・

10月の展示

2016年 10月 5日

10月に入ってもなかなか秋らしい気候になってくれませんが・・・・
今月は幅広い世代に楽しんでいただける2つの展示を予定しております。
img_4665
吉祥寺では2010年から毎年10月には「吉祥寺ねこ祭り」が開催されています。
毎年、猫好きの皆さんに楽しんでもらいながら 同時に地域ねこのための
チャリティーイベントとしても恒例の地域密着型イベントとなっています。
GALLERY KAIも「ねこ祭り」参加は今年で3回目。
今年も人気切り絵作家・高木亮さんの個展を開催いたします。
(10月20日から25日)
http://gallery-kai.jp/2016-10-20/
img_4669
GALLERY KAIでの個展から広まった「壁ねこ」達はいつの間にか人気者となり
この夏には「ねこ切り絵」(誠文堂新光社刊)として一冊がすべてねこ、
撮影はGALLERY KAIで、という猫好きにはたまらない切り絵の本が
全国で発売となりました。
もちろん 今回の展示でも販売いたします。
作家の高木さんも毎日在廊予定ですので壁ねこ達に会いにいらして
いただけましたら幸いです。

 

二つめの展示は ちょっとスペシャルな展示です。
dm
 
子供の頃、夢中になったアニメ、「みなしごハッチ」「ガッチャマン」
「タイムボカンシリーズ」と次々とタツノコプロから
大人気アニメを生み出したのが九里一平氏。
 
この度 九里一平先生の自叙伝「九里一平 PAST&FUTURE」の
出版記念として 特別に10月最後の週末に 原画展を
開催してくださることになりました。
 
http://gallery-kai.jp/2016-10-29/
 
これはなかなか見れないレアな原画展となりそうです。
10月最後の週末(29日&30日)、吉祥寺にお越しの際は
ぜひお立ち寄りくださいませ。
 
 
 

 

秋の日本酒会

2016年 9月 26日

 

img_4600

今月は台風が多く雨の日ばかり・・・・

秋分の日、9月22日に「鮓処米八なりさわ」で開催された「秋の日本酒会」も朝から雨となってしまいました。

はじめての「日本酒会」。 準備も気合いをいれて数日前から大将・成澤と料理長・髙橋が仕込みをはじめ 会場係の私もギャラリーの設え等々、墨にまみれながらいろいろと書いたりしましたが予定よりだいぶシンプルにまとめました。

お店には枝やの細沼さんがとてもめずらしく、美しいガイミアリリーをいけてくださり素敵に華やかになりました。 スタッフも増員してスタンバイ。

img_4584

宮田酒店さまのおかげで全国から人気の蔵元の方たちが吉祥寺に集まりお昼の部は大雨の中にもかかわらず お客様が揃ってきてくださいました。

カウンターでは普段は厨房の髙橋料理長も大将と一緒にお鮓を握り 外では特製おでんやすき焼きコーナー。

お天気がよければ中庭で歩きながらもっとお料理やお話しも楽しんでいただけたのに…大雨で本当に申し訳ない気がしましたが 蔵元さんたちが明るく元気に場を盛り上げてくださいました。

img_4585

夜の部は  雨も上がり、お客様にゆったりとお酒をお食事を楽しんでいただくことができました。

お酒が全く飲めない私は残念ながら それぞれが持ってきてくださったお酒の「仕込み水」をお客様と一緒にいろいろといただきましたが どのお水も本当にまろやかで美味しい!!

日本酒にどれだけ美味しい水が不可欠か等々、日本酒にまつわるお話しをいろいろと聞けて勉強になりました。

img_7010

奥深い日本酒の世界、 またご紹介いただける機会ができるようにしたいと思っております。

宮田酒店さまはじめご協力いただいた蔵元の皆さま、雨の中、お集まりいただきましたお客様、 お手伝いいただいた関係者の方、本当にどうもありがとうございました。

 

 

本間美術館での展示(Ⅱ)

2016年 9月 9日

img_4434-1

歴史と文化が凝縮された本間美術館での展示。

fullsizerender-12

今回特別に普段は公開していない茶室「六明蘆」を期間中、公開し作品も飾らせていただけることとなりました。

img_4378

フラワーアーティスト畠山秀樹さんによるオブジェとバラの花。

お茶室にバラというのはかなり斬新な試み。 合わせる書は漢字作品でなくかな作品にしました。

img_4382

この場所に選んだ軸は万葉集から月を詠んだ歌を選び月の形になるように書いた作品です。瓢型の落款は自作、古い帯地を軸に仕立てたもの。
このような場所に飾らせていただけて光栄でした。

2日目の午後はこの場所で花と書のインスタレーション作品を仕上げていきました。  紙袋を使い書と花を人から人へ運び、つなげます。

img_4457

「動く書・動く花」

紙袋にしたためたアートは丸い円。 縁をつなぐ意味をこめて

一つひとつが違う紙袋。

その中にはお花がはいっています。

紙袋それは世界共通。それ故に近い距離を旅します。

人々がこの紙袋を運ぶことで一つの形になります。

運ぶ、微笑む、飾る。それが繋がるアートです。

自分にそして大切な方へと繋げてください。

 

img_4414

この作品は場所や時をかえて様々な場所でやっていきたいインスタレーションです。

今回は思いがけず普段非公開の茶室「六明蘆」でこのような機会をいただき 皆さまに紙袋を手渡すことができました。

本間美術館の館長さまはじめスタッフの皆さま、畠山さん、市川さん、畠山さんの生徒さん、お会いできた山形の方たちの温かさに触れることのできた展示となりました。

心より今回のご縁に感謝しております。 どうもありがとうございました。 また山形行きたいです! (次回は呼ばれなくても行きます!!)