14.1.14 (2)14.1.14

私の所属する書研印社篆刻展も先週無事に終わり出品作品も無事に戻ってきました。

いつもながら展覧会までの長い準備と制作期間と比べるとあっという間の数日間の展示。
今回はじめての展覧会図録も制作され良き記念となりました。

篆刻という地味ながら奥深い世界に出会って十数年が経ちますが 吉永隆山という
素晴らしい師と良き仲間に恵まれて勉強を続けられることをとても有難く思っています。

初日に普段なかなかお会いできない通信で勉強されている地方の仲間も
集まり、社中の皆さんと有意義な時間を過ごせたことは今回一番嬉しかったこと。
また次回に向けて続けていこう、と気持ちを新たにすることが出来ました。

吉永先生のもと篆刻と文字の歴史、基本、技術など伝統を学びつつ
自分なりの篆刻、新しいスタイルを少しずつ作り上げていくことも目標の一つ。

思い描くスタイルにはまだまだ到達していませんが人々に篆刻の世界も
知っていただくために 将来的には新しいスタイルで見せる展示をGALLERY KAI
でも企画するつもりです。