14.021414.02.14

GALLERY KAIのシンボルツリー、「石榴」

毎年、沢山の花をつけ大きな実がなった後は枝だけの姿で
冬を迎えます。

今年はなぜかまだ頑張って木に残っているざくろの実が・・・・

みずみずしい果実の美しさが消えてしまっても絵の中に描かれて
いるかのような枯れた色合いとアートオブジェのような形のざくろの実。

今や毎日気になる存在です。

先週末の大雪にも耐えたのには驚きでしたが もう一度また重たい雪に
耐えられるのか・・・・昨日の夜はとても気がかりでしたが
今朝、ギャラリーの前でまだ枝から離れていないざくろの実を見たときには
ホッとしました。

自然の強さと美しさ、雪の白と枯れた実の姿、小さくとも計算のない
美しさと存在感。 
また一つ 雪の日の思い出が自分の中に刻まれた瞬間でした。